振袖のレンタルと成人式の着物・袴のレンタル、および購入なら「紬のたけやま」。サイト掲載柄数は全国最大級の1000着以上。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

  • きものの中で最も豪華な振袖。
    その由来や振袖を美しく着こなすためのT・P・Oをご紹介します。

  • 洋服とはまったく違う着物の各部分の名称を覚えておけば、着る時も買う時も役に立つので覚えておきたいですね!

  • 大切なきものをいつまでも美しく保つためにはお手入れが大切。着る前と、外出から帰ったらすることをまとめました。

  • きものを華麗に飾る色々な小物たちもお手入れが大切!ちゃんとお手入れし、次回も気持ち良くお召しになってください。

  • 慣れていないと普段の動作でさえぎこちなくなります。最低限知っておきたい立ち居振る舞いのポイントをご紹介します。

  • 前号に続き、立ち居振る舞いのポイントとして正座の場合の座り方についてご紹介します。

  • 車に乗る際には着崩れしやすく、髪をアップスタイルにしている場合などは乗り込みにくいなど注意する部分が多いです。

  • きもので一番困るのは、実はこのときではないでしょうか?必ず腰ひもを用意しておきましょう。

  • シワの原因の多くは畳み方にあります。長襦袢はきものほどシワを気にしなくていいですがポイントがあります。

  • 収納もしやすい基本的なたたみ方が本だたみ。余分なシワや折り目をつけないことが大切です。

  • 振袖・留袖・訪問着などの、豪華な刺繍や箔を施し、絵羽模様になったキモノに向くたたみ方です。

  • 帯もきものと同様お手入れの仕方で着物姿に差が出ますので、しっかり帯のたたみ方もマスターしてみましょう!

  • きものなどの収納に適しているのは、桐の衣裳箪笥や衣装箱です。その場合には防虫剤や防湿剤は不要です。

  • 虫やカビのつくのを防ぐために衣類を干したり風に当てたりする「虫干し」。1年に1回は必ず行いましょう。

フリーダイアル 0120-01-7466
上部へ移動